ライン作業のメリット

ライン作業の求人を選ぶメリットとは、まず何といっても未経験者でも取り組みやすいという点です。作業内容はベルトコンベアで流れてきた部品を組み立てたり、ボルトをしめるといった工程を担当していく訳ですが、いずれも簡単な単純作業です。担当する部署によっては特殊な免許が必要なケースもありますが、ほとんどが無資格未経験でも可としている求人なので、工場で初めて働くという人でもすぐに仕事に慣れていきます。また担当する役割を黙々とこなす事が求められる現場であり、他の作業員と密なコミュニケーションをとる必要もありません。煩わしい人間関係に悩まされる事もなく、真面目に仕事に取り組めば長く続けられます。仮にパートやアルバイトとして働き始めたとしても、長く仕事を続けると信頼度も高まり、途中で社員に登用されるかもしれません。

ライン作業のデメリット

誰でも取り組みやすい単純作業ではありますが、単純すぎて刺激がない、毎日同じ作業の繰り返しで飽きると感じる人も多いです。仕事を始めた当初こそ仕事内容を覚えようと必死になりますが、仕事に慣れると頭で考えるより体が動くようになります。そして余裕を持って仕事が出来るからこそ、つい些細なミスをしたり、ラインの流れに間に合わず遅れをとってしまう事もあるのです。自分の小さな失敗によってライン自体を止めてしまう可能性もあるため、常に高い集中力を持ち続けなければいけません。自分の都合でラインを止めることは出来ず、トイレへ行く際は誰かに伝える必要もあります。また立ちっぱなしの作業は足腰に負担がかかり、意外と体力は消耗します。

住み込みの工場で働くメリットはたくさんあります。場所によっては寮費が無料なものやペットと一緒に住める住み込み寮まであります!仕事を探しながら、理想の住まいを一緒に探してみるのもいいかもしれませんね。