どの業種の工場であるかを確認する

工場のライン作業といっても、業種によって業務内容や業務環境が大きく変わってきます。ライン作業を行う業種としては、食品や自動車、電子部品、化粧品など様々なものがあげられます。食品関連は口に入れるものを製造するため衛生面が厳しいですが、加工や盛り付けなど女性でも無理なくできる作業が多めです。自動車関連の工場は給与が高い傾向がありますが、部品の組み立てなど力仕事も多いため体力に自信のない人は避けた方が良い業種でしょう。化粧品関連は容器詰めやラベル張りなどの業務が多く、工場内の温度調整も行われており働きやすい環境です。このように、業種によって特徴があるため、求人を選ぶ際には自分に適した仕事内容・環境であるか確認する必要があります。

ライン作業のどの業務であるかを確認

ライン作業は、組み立て・加工・検品・梱包・仕分けと大きく5つの業務に分けられます。どの業務を担うかによって仕事の大変さも変わってくるため、求人を選ぶ際はライン作業のどの業務が募集されているのか確認しましょう。組み立て業務は扱う品によって労力も違い、大型機械の製造などは体力勝負となります。加工は食品工場では食材のカットや味付け、自動車工場は溶接や部品の切断なども行います。検品は不良品がないかチェックする注意力が求められ、梱包は商品を出荷するための荷詰めをする業務です。仕分けは、製品をそれぞれの配送先に振り分ける業務で、未経験でもこなしやすいのが特徴です。自分ができそうな業務の求人を選ぶと良いでしょう。