覚えやすくて時間を選ぶことができる

工場の求人には組み立てやローラー作業、加工など様々なものがありますが、中には製品検査を行う工場も存在します。製品検査とは、一つ一つの製品にミスや欠品は無いか丁寧に調べることで、製品によっては細かい部分もチェックすることになるため、機械ではなく人の目や手が必要な作業と言えます。

初心者や未経験の方でも就労しやすい仕事で作業内容はそんなに難しくなく、覚えればサクサクと仕事をこなすことができます。また、単純作業を集中して行うので人と話したりすることは少ないため、人とコミュニケーションを取ることが苦手な方にも向いている仕事です。さらに、シフトを組みやすい工場も多いので、自分の都合の良い時間を選んで働くことができるメリットの多い仕事でもあります。

目や腰の疲れに注意!

逆に製品検査のデメリットとして挙げられるのは、目や腰に負担がかかることです。製品検査は目を使うため、どうしても目を酷使することとなり、眼精疲労になる確率は高いと言えるでしょう。また、工場によっては検査を終えた製品を段ボールに詰めて運ぶ作業を求められることもありますので、その場合は腰を痛める恐れが生じます。 他にも、神経を使う仕事ですので細かい作業が苦手な方や大雑把な性格の方には不向きで、単純作業は人によっては飽きてしまうというデメリットもあります。ですが、製品検査は新製品に触れることができるケースも存在しますので、自分の好きな分野の製品検査を選べば発表前の新製品に出会えるかもしれず、単純作業も苦にならずに行える可能性も高いです。